取扱商品「エアー・ウォッシュ・フローリング」

可視光応答光触媒とは・・・

説明図

従来からの光触媒は、酸化チタンの光触媒半導体金属を触媒とし、光エネルギー(太陽光などの強い光の紫外線)を使って、空気中の水と酸素から活性酸素種を作り出します。この分解力によって様々な有害物質を除去・無害化します。

最新型光触媒採用のエアー・ウォッシュ・フローリングは太陽光以外の室内の蛍光灯、LED照明等の光がフローリング材にあたるだけで、蓄積した室内の不快物質や不安物質を除去します。触媒作用により長時間効果が持続する画期的な新技術です。

エアー・ウォッシュ・フローリングの機能

1.床に降下した菌・カビ・ウィルスを軽減無害化
床の特性上どうしても言及する特性のひとつに「降下菌への対策」があります。様々な菌やウィルスが空気中を漂っており、ある一定の湿度を超えると空気中の水分と結合して床に降りてきます。密閉空間で外気が入ってこない場合はその影響は大きく、床に近い場所で活動している小さなお子様や就寝時に、この影響を受けやすいといわれています。
2.生活四大悪臭を大幅低減
床は落下した菌や汚れなどが蓄積し不衛生になりやすく、室内の複合した臭いの原因となってしまします。
生活四大菌とは、アンモニア(し尿のようなにおい)、トリメチルアミン(腐った魚のようなにおい)、メチルメブカブタン(腐った玉ねぎのようなにおい)、硫化水素(腐った卵のようなにおい)のことをいいます。
アレルギーの原因となるVOCを軽減
アセトアルデヒド等のシックハウスの原因物質を効果的に軽減します。

エアー・ウォッシュ・フローリングの特徴

  • 1.消臭除菌剤は使用した時だけ効果を発揮しますが、エアー・ウォッシュ・フローリングは光触媒作用なので長期に渡り効果を発揮します。
  • 2.日常的に稼働している空気清浄器の電気や消臭剤等コストの大幅な削減につながります。
  • 3.自然光が入るところであれば、さらにECOです。
  • 4.エアー・ウォッシュ・フローリングは有機物の分解能力に優れているので面倒なメンテナンスの手間を大幅に削減します。

エアー・ウォッシュ・フローリング製品性能

エアー・ウォッシュ・フローリング製品性能説明図

開発の経緯


年度 内容
平成20年度 中小企業産学官連携研究開発事業
可視光応答光触媒を利用した室内空気環境改善フローリング材の研究開発。
平成21年度 中小企業産学官連携研究開発事業
ルチル型可視光応答光触媒を活用した兼価で多機能な室内空気環境改善フローリング材の開発。
平成22年度 ナノテク実用化展開事業
ハイブリッド型酸化チタン光触媒を用いたフローリング用UV硬化型光触媒塗料の開発。
平成25年度 北九州発!新商品創出事業
北九州市トライアル発注認定新商品に選ばれました。
Copyright(c) 1999-2012 Chemical Create Co.,Ltd. All Rights Reserved.